NEWS

上村 亮弥 さんが、名古屋大学大学院理学研究科顕彰を受賞されました。

uemura 上村 亮弥 さん(大学院理学研究科素粒子宇宙物理学専攻・修士課程2年)が、 2018年3月26日に 理学研究科顕彰を受賞されました。 上村さんの修士論文が高く評価されたものです。 その修士論文で、上村さんは、太陽観測衛星「ひので」に搭載されている X線望遠鏡のデータを用い、太陽活動領域で発生する微小フレアを自動検出する アルゴリズムを開発し、10,000個を超える微小フレアを検出することに 成功しました。それらを用いて、これまでより低いエネルギー域において、 微小フレアの発生頻度分布を求めることにより、微小フレアによる 太陽コロナ加熱の可能性を示す重要な結果を得ました。