名前

家田 章正(いえだ あきまさ)

201202Aurora.jpg

役職

助教

専門分野

オーロラ科学、太陽地球系電磁気学。特に、オーロラ爆発、磁気圏尾部。

研究内容

breakup_UVI.pngオーロラが爆発的に明るくなる現象(auroral breakup)を、理解しようとしています。具体的には:

  • 宇宙・地上から撮影した、オーロラ爆発の画像解析。
  • 人工衛星が磁気圏尾部で観測した、プラズマ・磁場・電場データの解析。
  • オーロラ爆発と磁気圏尾部磁気再結合との、因果関係。
  • オーロラサブストームにおけるプラズモイドの役割。

個々のオーロラ爆発は多様なので、一つのシナリオで説明することは無理そうですが、部分的にでもパターンを見つけた時に、少し分かった気になります。

主な研究手法は、異なる領域のデータを組合わして料理することです。太陽地球系では、太陽でのフレア、太陽風でのCME、地球でのオーロラ、磁気嵐など、さまざまな現象が、異なる領域と因果関係を持っている(だろう)ところが面白いと思っています。風が吹けば桶屋が儲かる感じです。

自己紹介

大阪府出身。太陽の塔のあたりです。 ieda_mountain.jpg
京大で博士号 -> NASAで3年 -> 宇宙研で2年 ->
2003年に名古屋大学(豊川キャンパス) ->2006年に名古屋。

趣味:キャンプ。サッカー(素人)。カメラ。
特技:囲碁、フェンシング。

略歴

学歴

  • 1993年: 京都大学理学部卒業
  • 1998年: 京都大学博士(理学)取得
  • 博士論文:Evolution and dynamics of plasmoids in the Earth’s magnetic tail

職歴

  • 1998-2001年: NASA Goddard space flight center / NRC research associate
  • 2001-2003年: 宇宙科学研究所 / 日本学術振興会特別研究員PD
  • 2003年から現在まで:名古屋大学太陽地球環境研究所 助手

業績

家田 章正 論文リスト (1998年以降)

  • Ieda, A., S. Machida, T. Mukai, Y. Saito, T. Yamamoto, A. Nishida, T. Terasawa, and S. Kokubun,
    Statistical analysis of the plasmoid evolution with Geotail observations,
    J. Geophys. Res., 103, 4453-4465, 1998.
  • Ieda, A., D.H. Fairfield, T. Mukai, Y. Saito, S. Kokubun, K. Liou, C.-I. Meng, G.K. Parks, and M.J. Brittnacher,
    Plasmoid ejection and auroral brightenings,
    J. Geophys. Res., 106, 3845-3857, 2001.
  • Ieda, A., J.-H. Shue, K. Liou, S.-I. Ohtani, C.-I. Meng, D.H. Fairfield, T. Mukai, Y. Saito, S. Machida, T. Nagai, and G.K. Parks,
    Quiet time magnetotail plasma flow: Coordinated Polar ultraviolet images and Geotail observations,
    J. Geophys. Res., 108, 10.1029/2002JA009739, 2003
  • Ieda, A., T. Mukai, S. Machida, J.-H. Shue, S.-I. Ohtani, T. Nagai, and Y. Saito,
    Difference between earthward and tailward flows in their dependences on geomagnetic and IMF conditions,
    COSPAR Colloquia Series, 16, 186-189, 2004.
  • Ieda, A. and Y. Kamide,
    Real-time modeling of the ionosphere using GEDAS/KRM for space weather,
    Proceedings of The 7th International School/Symposium for Space Simulations, 259-260, 2005.
  • Ieda, A., D. H. Fairfield, J. A. Slavin, K. Liou, C.-I. Meng, S. Machida, Y. Miyashita, T. Mukai, Y. Saito, M. Nosé, J.-H. Shue, G. K. Parks, and M. O. Fillingim,
    Longitudinal association between magnetotail reconnection and auroral breakup based on Geotail and Polar observations,
    J. Geophys. Res., 113, A08207, doi:10.1029/2008JA013127, 2008.
    http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1029/2008JA013127/full
  • Ieda, A., S. Oyama, H. Vanhamäki, R. Fujii, A. Nakamizo, O. Amm, T. Hori, M. Takeda, G. Ueno, A. Yoshikawa, R. J. Redmon, W. F. Denig, Y. Kamide, and N. Nishitani, Approximate forms of daytime ionospheric conductance, J. Geophys. Res., 119, 10,397–10,415, 2014 (doi:10.1002/2014JA020665)
    http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2014JA020665/full
  • A. Ieda, Y. Nishimura, Y. Miyashita, V. Angelopoulos, A. Runov, T. Nagai, H. U. Frey, D. H. Fairfield, J. A. Slavin, H. Vanhamäki, H. Uchino, R. Fujii, Y. Miyoshi, and S. Machida (2016),
    Stepwise tailward retreat of magnetic reconnection: THEMIS observations of an auroral substorm,
    J. Geophys. Res. Space Physics, 121, 4548–4568, doi:10.1002/2015JA022244.
    http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1002/2015JA022244/full
    PDF (Free access to the published version)